2013年03月28日

3月27日:丝路印象新疆餐厅(和平里)

最近は外食してもファーストフードやケーキ系ばかりだったので、久しぶりの本格的な中華に心が躍ります。

今回うかがったのは和平里の新疆料理レストラン「丝路印象新疆餐厅」です。4人用コースをいただきました。

DSC00877.jpg

これが4人前の実力です。
皿の置き場を確保するのに苦労するという圧倒の量です。他にも二三皿あります。
右端の大盘鸡が本当に美味でした。鶏肉は煮込まれて柔らかく、且つしっかり味が染みています。
後列中央の手抓饭は塩味系ピラフといった感じで、塩味が程よく油も少ないので、いくらでも食べられそうです。
左端奥の羊肉串、こういった串焼きを食べてこそ新疆料理を食べたという気分になります。

DSC00873.jpg

ヨーグルトももちろん美味しいです。
デザート付きは満足度高いです。

どの料理も安定して美味しく、また一つ一つ違った味付けなので、これほどたくさん食べても全然飽きが来ません。

テーブルいっぱいの料理に癒されました!
御馳走様でした!!
posted by imoco at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

3月19日:泰笛黛斯蛋糕工坊(五道口)

甘いものが無性に恋しくなり、美味しいと評判のケーキ屋さんに行ってみました。
ケーキを昼食にしようと目論んでやってきています。

お洒落な店名です。
ケーキの種類は多く、基本はチーズ系で、抹茶チーズ、モカチーズ、チョコレートチーズなどいずれも美味しそうでした。

DSC00829.jpg

奥は大理石という名前の、バニラチーズケーキにチョコレートリボンの入ったもの、手前はニューオーリンズという名前の、ニューヨークタイプのチーズケーキです。

北京にもこのような本格的なケーキ屋があったとは、と思わされる模範的なチーズケーキです。
以前北海道土産でいただいた札幌や函館のチーズケーキに近い感じがします。

やはりケーキだけでは食べ足りず、その後ケンタッキーで再び昼食をいただきました。
ランチメニューのフランス風きのこ鶏肉ご飯です。

DSC00831.jpg

茸風味と胡椒の辛みがいずれも強めのシチューに、骨なしチキンが2つ乗っています。
どことなく不思議な組み合わせですが、意外と美味しいです。
ケンタッキーでご飯ものを食べられるという新鮮さが嬉しいです。

御馳走様でした!





posted by imoco at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

3月14日:可丽卷家(西直门)

北京にもクレープのお店がありました!

DSC00822.jpg

西直门のショッピングモールの中にあります。
今回はおかず系クレープ+醤油ご飯+漬物(高菜)+飲み物(アメリカサイズ)のビジネスセットをいただきました。
日本円で250円しないくらいでしょうか。経済的です。

クレープは皮が薄くて柔らかい繊細な感じで、具はベーコン、レタス、卵です。ベーコンの塩味とクレープ生地のほのかな甘みがなかなかです。
醤油ご飯はそばめし系の味の炊き込みご飯といった感じで、ジャンクでうまいです。

御馳走様でした~



posted by imoco at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。